北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

News 音楽・アート・イベントなどの最新ニュースを発信



【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO】
日程:2014年8月15日(金)・16日(土) ※雨天決行
時間:〈16日〉開場 10:00 / 開演 15:00 / 終演 23:00 予定、〈17日〉開場 10:00 / 開演 12:30 / 終演 5:00(18日)予定
会場:『石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ』(小樽市銭函5丁目)
チケット発売:〈先行予約〉3月1日(土)12:00〜受付開始、〈一般発売〉5月31日(土)10:00〜販売開始
お問い合わせ:『WESS』(TEL 011-614-9999)
オフィシャルサイト:http://rsr.wess.co.jp


【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO】が、8月15日(金)・16日(土)に開催決定!
出演アーティスト“第1弾”として、35組のアクトを発表!



今年で16回目を迎える【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO】が、8月15日(金)・16日(土)に『石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ』で開催。注目の出演アーティスト発表“第1弾”では、16組の初登場を含む、世代もジャンルも超えた35組のアクトが決定した。

2012年の【RSR】でラストのステージを飾った〈エレファントカシマシ〉が2年ぶりに石狩に登場。〈小山田圭吾〉は〈青葉市子〉 / 〈salyu〉とのそれぞれのユニットでのW出演。意外にも初登場となる〈憂歌団〉や、8年ぶりの〈ケツメイシ〉、9年ぶりの〈電撃ネットワーク〉のほか、恵庭出身の〈FOLKS〉など新世代の若手バンドも続々と出演が決定。今後のさらなる発表や動向から目が離せない。

チケットの先行予約は3月1日(土)から、一般発売は5月31日(土)から開始される。



【アン・サリー】〈初登場〉
2001年のデビュー以来、数多くのアルバムを発表、数々のCMや映画主題歌を歌唱し、全国でライブ活動を行う。2010年には7枚目のアルバム『fo:rest(フォレスト)』をwebとライブ会場で限定販売。2013年11月には雑誌「ガーデン&ガーデン」で4年にわたり執筆したコラムに加筆した、初の著書『森の診療所』を発表予定。また同時に、他アーティストとの共演を集約したコンピレーション『森の診療所…featuring Ann Sally』をリリース。穏やかな暮しから紡がれる、時代やジャンルの枠を超えた音楽性と、柔らかく深みある唯一無二の歌唱は幅広く支持されている。
オフィシャルサイト:http://www.annsally.org






【青葉市子 with 小山田圭吾&U-zhaan】〈初登場〉

【青葉市子】
音楽家。1990年出生、京都で育つ。17歳からクラシックギターを弾き始め、2010年1月、19歳の時に1stアルバム『剃刀乙女』でデビュー。これまでに4枚のオリジナル・アルバムを発表。2013年8月には、2013年元日にOAされたNHK-FM「坂本龍一 ニューイヤー・スペシャル」のスタジオ・セッション(細野晴臣、坂本龍一、小山田圭吾、U-zhaanが参加)をCD化した『ラヂヲ/青葉市子と妖精たち』をリリース。
オフィシャルサイト:http://www.ichikoaoba.info




【FOLKS】〈2年連続2回目〉
北海道札幌市のベッドタウンである恵庭市。その新興住宅地“恵み野”在住の幼馴染5人組のバンド。2013年1月、それぞれバンドを組んでいた岩井郁人・野口・小林の3人、岩井豪利、高橋の2人が合体し〈FOLKS〉を結成、札幌を中心にライブ活動を行う。※岩井郁人、岩井豪利は兄弟(豪利が兄)。8月には一般公募枠で応募総数553組の中から選ばれ【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO】の「RISING★STAR」に出演。メンバー5人全員が楽曲を制作する。2013年3月に自主制作のミニアルバム『Take off』をリリースし、同年7月からiTunesにて音源配信をスタート。2014年2月、メジャーファーストミニアルバム「NEWTOWN」をリリース。
オフィシャルサイト:http://www.folks-eniwa.com



イベント【ある人々の心をめぐる旅 服部篤浩展】
日程:2014年5月6日(火)~11日(日)
時間:10:00~17:00(初日は13:00〜18:00)
会場:『札幌市民ギャラリー』第一展示室(北海道札幌市中央区南2条東6丁目)


北海道出身の画家・服部篤浩が展示会を開催


 北海道出身で東京で絵画制作活動をする作家・服部篤浩が、5月6日(火)~11日(日)に『札幌市民ギャラリー』にて個展を開催。本展覧会では展示室の空間(30x9m、約270㎡)と天井高7.5mを活用し、高さ3~5mにも及ぶ巨大な6人の肖像画を展示。この大きな肖像画を巡り、人間の大きさと心の距離の関係を探る試みとなっている。作品が放つ圧倒的な存在感と迫力、そして人物達が語りかけてくるメッセージは、不思議な感覚と魅力を与えてくれる。


「たとえば抱擁する時、私達は腕の中にいるその人をどのような大きさに感じているだろうか?」

 この展示はある登場人物6人の心をめぐってなされる、人間の大きさと距離についての考察である。高さ3~5mの6人の肖像画(油彩画、総数28点)を展示する。
 この6人の人物は半身で3m以上あり実寸大よりはるかに大きく描かれている。この異様とも言える大きさで肖像を描いたのは、私が感じ取った主観的な大きさで人間の姿を描き出したいと思ったからだ。人は対象との関係の強さによって心で感じる大きさが変わる。例えば愛する人の存在は心の中でとてつもなく大きいだろう。
 拡大して描かれた対象は、観る人と対象との距離感をゆるがし、通常の関係とは異なるものとなる。同じ距離にあってもより心に近いとも言える。そのような通常とは異なる距離感をもった6人の肖像画をめぐることによって、対象を認識する時のイメージの大きさと絵画が表す対象との距離の関係について考えることが本展覧会のコンセプトである。作品を通じて心までの距離の存在が感じ取れればと思う。
 人は実存しているサイズよりもっと大きい存在かもしれない。これが今回の作品の制作を始めたきっかけである。


【服部 篤浩】
1975年、北海道浦河町生まれ、東京都羽村市在住。2002年、多摩美術大学美術学部二部絵画学科(現:造形表現学部造形学科)卒業。2013年、カルチャースクール東急セミナーBE講師、アートスクール横浜講師。
オフィシャルサイト:http://www.atsuhiro-hattori.com


『LANVIN en Bleu 札幌ステラプレイス店』
住所:北海道札幌市中央区北5条西2丁目5 札幌ステラプレイス CENTER-2F
営業時間:10:00〜21:00
定休日:なし
電話:011-209-5543
ウェブサイト:http://www.lanvin-en-bleu.com


『LANVIN en Bleu 札幌ステラプレイス店』限定でノベルティをプレゼント!


 本国パリ【ランバン】のエッセンスを盛り込み、変わらないエレガンスを表現するブランド【LANVIN en Bleu】では、札幌ステラプレイス店限定でフェアを開催。
 4月26日(土)~28日(月)の3日間、同店で¥25,000(税込)以上買い物をすると、ブランドロゴが刻印された「オリジナルミラー」がノベルティとして先着でプレゼントされる。なお、数に限りがあるため、無くなり次第終了となるのでお早めに。


【LANVIN en Bleu】
 キーワードは、“シックで生意気(CHIC et GAVROCHE)”。“CHIC”ー、それは優しいエレガンス。クチュールの精神が息づいた繊細なディティール、歴史と伝統に裏打ちされたクラシックな佇まいは、品格と自信に溢れている。“GAVROCHE”ー、それは生意気な遊び心。先駆的なトレンドを感じるデザインと、モダンなアプローチで彩られた刺激的なスタイリングには、生意気な遊び心が満ちている。“CHIC”と“GAVROCHE”、相反する2つの要素がミックスされた、新しい価値観を提案する。


photo:後藤武浩


【札幌駅前通地下歩行空間 開通3周年記念事業 Public Art Research Center 3[PARC 3 : small world]】
日時:2014年3月12日(水)〜16日(日)
時間:12:00~18:00 ※13日・15日のイベントは18:30~
会場:『札幌駅前通地下歩行空間』(チ・カ・ホ)「憩いの空間E」、「憩いの空間W」、「北3条交差点広場(西)」
お問い合わせ:『札幌駅前通まちづくり株式会社


パブリックからアート、アートからパブリックを考えるアートプロジェクト
『チ・カ・ホ』3会場で、ワークショップやライブなど参加型イベントを開催



様々なジャンルのアーティストや研究者、企画者などが参画し、現代のパブリックアートを多角的に見い出してくアートプロジェクト【Public Art Research Center [ PARC ]】。3回目となる今回は「small world」をテーマに、『札幌駅前通地下歩行空間』(チ・カ・ホ)の3会場を使用し、3月12日(水)~16日(日)の5日間にかけて開催。〈蓮沼執太フィル〉のワークショップとライブ、工藤安代氏による講演会、今村遼佑氏・岩崎貴宏氏・早川祐太氏・久門剛史氏による作品展示、河田雅文氏によるイス作りワークショップなどを行う。


工藤安代 講演会「パブリックアート 1.0 → 2.0 多様性に向けて -いままでとこれから-」
日程:2014年3月13日(木)
時間:18:30~20:30
会場:『札幌駅前通地下歩行空間』北3条交差点広場(西)
料金:無料(申込不要)
お問い合わせ:『札幌駅前通まちづくり株式会社』parc3smallworld@gmail.com(担当:高橋 / 今村)
90年代以前と、90年代以降のパブリックアートについて、歴史や事例を参照しながら、欧米と日本の違いや、パブリックアートの今後について講演。


〈蓮沼執太フィル〉ライブ&ワークショップ
「第1部」ワークショップ「チ・カ・ホのBGMをつくる」
日程:2014年3月15日(土)
時間:14:00~16:00
会場:『札幌駅前通地下歩行空間』北3条交差点広場(西)
料金:¥2,000-(要予約 ※申込名「BGMをつくる」)
定員:15名(見学は自由 / 無料)
対象:高校生以上(※高校生以下は保護者同伴)
持物:音楽制作ソフトウェア「GarageBand」がインストールされたmacbook
お問い合わせ・申し込み:『札幌駅前通まちづくり株式会社』parc3smallworld@gmail.com(担当:高橋 / 今村)
蓮沼執太、石塚周太、イトケン、木下美紗都、Jimanicaを講師に迎え、『チ・カ・ホ』のBGMをひとり1曲、〈蓮沼執太フィル〉のメンバーと制作。クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のサウンド配信サイト「sonicwire」の音源などを使い、「GarageBand」上でジングルを実際に作り上げるワークショップ。


〈蓮沼執太フィル〉ライブ&ワークショップ
「第2部」ライブ
日程:2014年3月15日(土)
時間:18:30~19:30(開場18:00)
会場:『札幌駅前通地下歩行空間』北3条交差点広場(西)
料金:無料(申込不要)
定員:100名(席数に限りあり)
お問い合わせ:『札幌駅前通まちづくり株式会社』parc3smallworld@gmail.com(担当:高橋 / 今村)


〈蓮沼執太フィル〉ライブ&ワークショップ
「第3部」アフターパーティー
日程:2014年3月15日(土)
時間:20:00~21:30
会場:北海道札幌市中央区北2条西3丁目1 越山ビル-2F
料金:¥2,000-(1ドリンク&軽食つき、要予約 ※申込名「アフターパーティー」)
定員:60名
内容:〈トーク〉蓮沼執太、大谷能生 〈DJ〉千葉広樹、環ROY、斉藤亮輔
お問い合わせ・申し込み:『札幌駅前通まちづくり株式会社』parc3smallworld@gmail.com(担当:高橋 / 今村)


「イスづくりDIYワークショップ」
日程:2014年3月12日(水)~16日(日)
時間:①12:00~13:30 / ②13:30~15:00 / ③15:00~16:30 / ④16:30~18:00
会場:『札幌駅前通地下歩行空間』憩いの空間E
料金:¥1,000~(要予約 ※申込名「イスづくり」)
定員:各日4名
講師:河田雅文
お問い合わせ・申し込み:『札幌駅前通まちづくり株式会社』parc3smallworld@gmail.com(担当:高橋 / 今村)
アーティスト河田雅文を講師に、イスやベンチ、テーブルや遊具などを作ることができる木工ワークショップ。


札幌駅前通地下歩行空間 開通3周年記念事業
Public Art Research Center 3 [ PARC 3 : small world ]
【第1部 ワークショップ「チ・カ・ホのBGMをつくる」】

日程:2014年3月15日(土)
時間:14:00~16:00
会場:『北3条交差点広場(西)』(北海道札幌市中央区北3条西3丁目)
料金:¥2,000-(要予約 ※申込名「BGMをつくる」)
定員:15名(見学は自由 / 無料)
対象:高校生以上(※高校生以下は保護者同伴)
持物:音楽制作ソフトウェア「GarageBand」がインストールされたmacbook
講師:蓮沼執太 / 石塚周太 / イトケン / 木下美紗都 / Jimanica
お問い合わせ・お申し込み:『札幌駅前通まちづくり株式会社』parc3smallworld@gmail.com(担当:高橋 / 今村)


音楽家・蓮沼執太を講師に迎え、ワークショップを開催
〈蓮沼執太フィル〉メンバーと「チ・カ・ホ」のBGMを制作



「札幌駅前通地下歩行空間 開通3周年記念事業 Public Art Research Center 3 [ PARC 3 : small world ]」では、【ワークショップ「チ・カ・ホのBGMをつくる】を、3月15日(土)に『北3条交差点広場』で開催する。講師陣に音楽家の蓮沼執太、石塚周太、イトケン、木下美紗都、Jimanicaを迎え、〈蓮沼執太フィル〉メンバーと札幌駅前通地下歩行空間「チ・カ・ホ」のBGMを制作。クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のサウンド配信サイト「sonicwire」の音源などを使い、「GarageBand」上でジングルを作り上げる。音楽制作未経験者でもすぐに音楽を作ることができ、音楽制作の奥深さや楽しさを実際に体感することができる。また、ワークショップ後には、無料ライブとアフターパーティー(有料)も開催される。



【イベントタイムテーブル】
「蓮沼執太フィル ライブ&ワークショップ」
日程:3月15日(土)
14:00~ 第1部「ワークショップ」
18:30~ 第2部「ライブ」
20:00~ 第3部「アフターパーティー」

第2部「ライブ」
時間:18:30~19:30 (開場18:00)
会場:『北3条交差点広場(西)』(北海道札幌市中央区北3条西3丁目)
料金:無料(申込不要)
定員:100名(席数に限りあり)

第3部「アフターパーティー」
時間:20:00~21:30
会場:北海道札幌市中央区北2条西3丁目1 越山ビル-2F
料金:¥2,000-(1ドリンク&軽食つき、要予約 ※申込名「アフターパーティー」)
定員:60名
内容:〈トーク〉蓮沼執太、大谷能生 〈DJ〉千葉広樹、環ROY、斉藤亮輔



〈蓮沼執太フィル〉
音楽家・蓮沼執太がコンダクトする、フィルハーモニック・オーケストラ。メンバーは、蓮沼執太(指揮、ピアノ、ヴォーカル)、石塚周太(ベース、ギター)、イトケン(ドラム、シンセサイザー)、大谷能生(サックス)、葛西敏彦(録音、ミックス)、小林うてな(スチールパン)、木下美紗都(コーラス)、ゴンドウトモヒコ(ユーフォニアム)、斉藤亮輔(ギター)、Jimanica(ドラム)、環ROY(ラップ)、千葉広樹(ヴァイオリン、べース)、手島絵里子(ヴィオラ)、K-Ta(マリンバ)、三浦千明(フリューゲルホルン、グロッケン)の15名編成で、日本の最前線で活躍するミュージシャンが多数参加。〈蓮沼執太チーム〉を母体として、2010年〈oval〉公演フロントアクトのために結成。これまでに、『UNIT』、『VACANT』、『ラフォーレミュージアム原宿』、『渋谷WWW』、『恵比寿リキッドルーム』といったライブハウスから、『東京都現代美術館』、『東京オペラシティ・リサイタルホール』、『国立国際美術館』、『愛知芸術文化センター』といったホールやアートスペースまで、様々な場所で演奏を展開。2014年1月、1stアルバム『時が奏でる / Time plays and so do we.』をリリース。
オフィシャルサイト:http://hasunumaphil.com


協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事