北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

Shop 北海道各地の街に息づく魅力あふれるショップを紹介

ARCH HERITAGE Le SALON
  • ARCH HERITAGE Le SALON

セレクト『ARCH HERITAGE Le SALON』(札幌市)<閉店>


住所 北海道札幌市中央区南1条西3丁目3 PARCO-3F
営業時間 10:00〜20:00
定休日 無休
電話 011-281-4280
ウェブサイト http://archheritage-le-salon.blogspot.com

ブランド CERASUS / CHIE MIHARA / d’un a dix / Faliero Sarti / GRANDMA MAMA DAUGHTER / HAVERSACK / Hermaphrodite / KIFFE / KIN/kitica / Le Chameau / LEVI’S Made & Crafted / MARCOMONDE / OMNIGOD / petite robe noire / PORSELLI / SAINT JAMES / Salet / TOMS Shoes / Vlas Blomme

札幌・創成川イーストにある、5枚のヴィンテージドアが印象的なセレクトショップ『アーチ・ヘリテイジ・ウィメンズ』の姉妹店。通称“ル・サロン”―。「10年後もクローゼットに残るモノ」をコンセプトに、素材・着心地・女性らしさを追求し、現代のリアルクローズを提案している。


photograph Ryouichi Kawajiri(Kawajiri Syashinkan)
August,2011






pilot_toms_01

店内の一角に設けられ目を引くのが、その慈善を目的とした活動が国内外から注目を集めている“トムズ・シューズ”のコーナー。“ル・サロン”では、軽い履き心地の良さ、優れたデザイン性、良心的な価格、なにより”ワン・フォア・ワン”という理念の素晴らしさに深く共感し、ファッションを通じたボランティアを提案している。

カリフォルニアのシューズブランド“トムズ・シューズ”は、”ワン・フォア・ワン”をコンセプトに掲げ、一足購入するごとにアルゼンチンや南アフリカの貧しい子供たちへ靴を一足プレゼントする活動を展開。2005年に創業者のブレイク・ミコスキー氏がアルゼンチンへ旅行に訪れた際、多くの子供たちが貧困ゆえに裸足の生活を強いられている過酷な現実を目の当たりにし、彼らを救いたいという想いを胸に2006年にブランドを設立した。そのシューズは、労働者たちが履いていた“アルパルハータ”と呼ばれる麻底のサンダルからインスパイアされ、「シューズ・フォア・トゥモロウ」(明日への靴)という希望が込められている。以来、すでに2006年には1万足がアルゼンチンの子供たちに、2007年には5万足が南アフリカの子供たちに寄付されている。

シューズは、チャリティーだからと侮るなかれ、ファッションアイテムとしても秀逸。驚くほどの軽さと履き心地の良さはもちろんのこと、普段履きでどんなスタイルにも合わせやすいのが特徴的。基本はシンプルなスリッポンタイプで履きやすいので、春から秋にかけて幅広く活躍してくれそう。「スニーカーはひもが煩わしいけど、サンダルだとちょっと肌寒い!」なんていう北海道の気候とも相性抜群。近年では海外のサーファーや芸能人といったセレブたちにも愛用されるなど多くの支持を集めている。


TOMS Shoes
アメリカ人旅行家のブレイク・マイコスキーは、アルゼンチンのとある村で、現地の子供たちと触れ合う中、彼らが自分の足を守るための靴を買えないという現実を知り、そんな子供たちを救いたいという想いから、2006年にトムズ・シューズを設立。”ワン・フォア・ワン”の理念のもと、一足の靴が購入される度に、靴を必要としている子供たちのもとへ新しい一足の靴が贈られる。以来、トムズは世界中のギビングパートナーを通して、靴を必要とする子供たちに100万足以上の靴を贈っている。



photograph Ryouichi Kawajiri(Kawajiri Syashinkan)
August,2011



創成川イーストにあるセレクトショップ『アーチ・ヘリテイジ・ウィメンズ』の姉妹店、通称“ル・サロン”が大通りの中心『札幌パルコ』にオープン。「10年後もクローゼットに残るモノ」をコンセプトに、日々を楽しむ女性のために素材・着心地・女性らしさを追求し、現代のリアルクローズを提案している。

インタビュー(August,2011)
本間 翔好 / 『ARCH HERITAGE Le SALON』スタッフ

>ショップのコンセプトについて聞かせてください。
もともと、2007年春にオープンした路面店の『アーチ・ヘリテイジ・ウィメンズ』から派生したお店で、今年の春にオープンしたばかりです。店名の最後に“ル・サロン”と付けたのには、「日々のライフスタイルを自分らしく楽しめる大人の女性へ向けて、ゆったりとお買い物をしていただけるような空間を提供させていただきたい」という想いが込められています。現在も両店舗で取り扱いをしているファリエロ・サルティのストールやシーサーのカットソー、ヅィメリーのキャミソール等、高品質でベーシックなアイテムを品揃えの基準としながら、より女性らしい雰囲気を持ち合わせたウェアやアクセサリー、コーディネートのアクセントになるような気の利いたアイテムなども取り揃えているのが路面店との違いであり、当店の特徴でもあります。

>ショップで注目して欲しいポイントがあれば教えてください。
立地的には大通りの中心である『パルコ』にありながらも、路面店同様のサービスを心掛けています。また、札幌ではここでしか手に入らないブランドも多数取り揃えています。

>今秋冬の提案や着こなしについて聞かせてください。
ベーシックで普遍的なものと、女性ならではのディテールを持つものとを組み合わせたコーディネートがおすすめです。

>おすすめ商品を教えてください。
今シーズン特に力を入れているのが、プティローブノアーのコスチュームジュエリー(*)です。ファインジュエリーにも通じる、手作業による丁寧な工程にこだわったアクセサリーを製作しており、熟練した日本の職人の技術を多く取り入れていることも特徴です。特にコットンパールを使用したシリーズは、現代では製作不可能ともされてきた50年前と同じ技法で製作されており、現在のコットンパールブームの火付け役ともなったアイテムです。たった一つ身に着けることで、その日の装いが一段と魅力的な印象へと変化するような“アクセサリー”の枠を超えた楽しみ方を提案する、おすすめのブランドです。

>今後の展開について、また具体的な予定などあれば聞かせてください。
9月1日より、同じく『パルコ』3Fで移転リニューアルオープン致します。秋からスタートする新ブランドもあり、“ル・サロン”らしい店内の雰囲気や品揃えにご注目ください。


* コスチュームジュエリー
宝石や貴金属を使用しないアクセサリーのことを指し、いまから100年以上も前のアンティークジュエリーと呼ばれる時代から存在していたと言われている。またココシャネルがコスチュームジュエリーの先駆者だったというのは有名な話。



text Pilot Publishing
August,2011



RSS Comments No Tweet


Resent Posts|Shop » Fashion »



協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事