北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

Shop 北海道各地の街に息づく魅力あふれるショップを紹介

LOCK STOCK
  • LOCK STOCK

セレクト『LOCK STOCK』(札幌市)


住所 北海道札幌市中央区南3条西1丁目3-5(狸小路1丁目内)
営業時間 平日12:00〜21:00 / 土曜日・日曜日・祝日11:00〜21:00
定休日 不定休
電話 011-252-1969
ウェブサイト http://www.lock-stock.jp

ブランド WACKOMARIA / COOTIE / CALEE / ROTTWEILER / RATS / OLD JOE&CO / STIFF / BANKROBBER / ANACHRONORM / MARKA/MARKAWARE / DISCOVERED / NOMMOC / SEVENTYFOUR / THE SUPERIOR LABOR / EFFECTOR


“都会的アウトサイダー”をコンセプトに、音楽・バイク・ワーク・ミリタリーなどバックボーンを感じ取ることのできるアイテムを厳選して取り揃え、常に良質なアイテムや個性的なスタイルを展開。エントランスから敷き詰められた赤い絨毯やセンスの良い装飾品など、一流ホテルのロビーを感じさせる格調高い内装が、こだわりのラインナップをより一層引き立てている。



photograph Kei Furuse(studio k2)
April,2010






「ひとつひとつにデザイナーの想いが込められた多彩なハット。」
WACKOMARIA HAT/¥24,150〜


pilot_ls_basic_01
pilot_ls_basic_02

野田 龍太郎 / 『LOCK STOCK』スタッフ
「ワコマリアのハットラインは、”東京ハットロッカーズ””W.M.D.H”(WOMAN/MUSIC/DRINK/HAT)をテーマに掲げ、”ギルティーパーティーズ”(共犯者)をメッセージに、アイテムひとつひとつにデザイナーの想いが込められています。型数が圧倒的に豊富で、色や形はもちろん、つばの長短やリボンの装飾などデザインも多種多様。男らしさの中にもさりげなく感じさせる遊び心が魅力です。サイズ展開も幅広いので、自分に合うハットを見つけていただけます。素材にもこだわっており、質感の良いラビットファーを贅沢に使用しているので、永く身につけるほどに自分だけの形に馴染み、味わいや雰囲気が生まれてきます。また、様々な洋服に合わせるという観点からつくられているため、ラフにもフォーマルにも、どんなスタイルにもハマります。自分好みのデザインと、頭の輪郭などに合わせてお選びいただくと良いと思います。」


WACKOMARIA
2005年、スタート。ラテン語で“へんてこマリア”を意。元プロサッカー選手の森敦彦と石塚啓次がデジレクション手掛け、身につける人自身のスタイルが試される、玄人気質なコレクションを展開。耳にした音楽、旨い酒、いい女…五感を通して感じてきた経験をベースに、“ただ自分達が着たいだけ”という想いが反映されたコレクションは、ルードで男臭さを匂わせた洋服や小物など、アイテムひとつひとつにデザイナーからのメッセージが落とし込まれている。流行に決して左右されない揺るぎない信念とこだわりは、毎シーズン各界のクリエイターから熱狂的な支持を受けている。
ウェブサイト http://www.bjirushi.com/wakomaria/wacko_main.html



text Pilot Publishing / photograph Kei Furuse(studio k2)
July,2010



RSS Comments No Tweet


Resent Posts|Shop » Fashion »



協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事

まだデータがありません。