北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

Shop 北海道各地の街に息づく魅力あふれるショップを紹介


古着『Rootsy』(旭川市)


住所 北海道旭川市永山9条3丁目1-19
電話 0166-74-3370

ブランド Medicine LeatherCraft / アメリカ・ヨーロッパ各種古着


2009年より永山にてショップを構える古着屋『ルーチー』は、「服のルーツを通じてより多くの人へコミュニケーションの場を提供したい」との想いから由来。一時代を築いた当時の古着屋を彷彿とさせる、古着で隙間無く埋め尽くされた店内には、「古着を着たことがない人へ向けて」をコンセプトに、リーズナブルなレギュラーを中心としたアメカジ古着を展開。オーナー兼店主である門馬氏の気さくで温厚な人柄と併せて、高校生からヴィンテージ通まで幅広い層から支持を集めている。初心者にも敷居の低い古着と雰囲気を提供することにこだわり、洋服選びやスタイリングの楽しさ、そして歴史を感じる喜びを育んでいく。また、同店には中富良野住在のレザークリエイターが制作を手がけるブランド“メディスンレザー”も展開。ウォレットやベルト、バッグなどオリジナル革製品のフルオーダーが可能。



photograph Hideki Akita(TOOTOOTOO studio)
April,2012





『ルーチー』から響く笑い声。人と人とをつなぐ、古着の絆。


門馬 卓也 / 『Rootsy』オーナー


旭川の中心部から少し離れた永山で店を構える古着屋『ルーチー』は、知る人ぞ知る憩いの場。気がつけば人が集まって、たわいもない話で盛り上がり、店内にはいつも笑い声が耐えない。今日は何を話そうか、どんな人と出会えるだろうかと期待に膨らませて足を運ぶお客も少なくないはず。自ら店頭へ足を運び、人や古着との出会いを通じて得られる経験や喜びは大きい。見たものや聞いたことなど、何気ないきっかけが眠っていた感性を目覚めさせてくれるかもしれない。あくまで日常着として提案されるアメリカ古着は、驚くほどすんなりと日常へと溶け込んでいく。

「街から少し離れているので、店がオープンした当初はセールをやっていても、お客さんが何日間も入らなかった時期もありました(笑)。今は、お客さん同士がつながって仲良くなったりするのを見ると嬉しいですね。人づてに店を知ってもらって、その人からまた別な人へと広がっていく場所になれると嬉しいです。商品はあくまでもリーズナブルで、誰でも手にしやすいものを揃えています。楽しく商品選びをして、その買い物がきっかけに洋服への興味の幅が広がってくれると良いですね。」とオーナーの門馬氏は語る。古着を通じてつながりあう絆は、決して途絶えることなく、欠けがえのない存在として伝わっていく。中富良野住在のレザークリエイターが手がける革製品ブランド“メディスン・レザー”フルオーダーの受付や、昨年は野外フェス『ライジングサン・ロックフェスティバル』への出店も行うなど精力的に活動の幅を広げている。


photograph Hideki Akita(TOOTOOTOO studio)
June,2012



RSS Comments 2 Tweet

  1. Comment by おいちょろ(oichoro) (@oichoro) 2012年4月24日 @ 11:47 PM

    お友達のお店です♪ 変で気さくな店主がいるので、気になった方はぜひ寄ってみてくらさい / 古着『Rootsy』(旭川市)|Pilot web http://t.co/LKH7K5S5 @pilot_tweetさんから


  2. Comment by 唐木 元 (@rootsy) 2012年5月21日 @ 4:41 PM

    一度訪れてみたいですね。そんで「誰に断ってやってんだ」とか騒いで通報され、タイホされる流れ。→古着『Rootsy』(旭川市)|Pilot web http://t.co/QzVBrRcY



Resent Posts|Shop » Fashion »



協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事