北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

Shop 北海道各地の街に息づく魅力あふれるショップを紹介


キッズ『motif』(帯広市)


住所 北海道帯広市西4条南4丁目20-2
営業時間 11:00〜20:00
定休日 第2・3火曜日
電話  0155-21-2815
ウェブサイト http://www.mytokachi.jp/motif/

ブランド X-girl Stages / XLARGE Kids / MILKFED kidsline / motif / SASSY / LAMAZE / SIKU / THE DEGLINGOS


親子で一緒に楽しめるファッションを提案し、カラフルでベーシックなアイテムを展開。『ジョンズ・グラフィックス』のオリジナル・キッズブランド“モーティフ”を軸に、“エックスガール・ステージス”や“ミルクフェド・キッズライン”など洋服や小物をはじめ、フランス発のトイメーカー“サッシー”など玩具や雑貨も取り揃えられている。



photograph Hidekii Akita(TOOTOOTOO studio)
December,2011



インタビュー(December,2011)
加藤 渉 / 『motif』オーナー

>ショップのコンセプトについて聞かせてください。
昨今の量販系の子供服屋さんと差別化して、親子で一緒に楽しんでいただけるセレクトを意識しています。1店舗目となる系列店『ピースロックストア』のオープン以来、今年で10年という歳月が流れる中で、お客様にも結婚をされて、お子様を授かった方が数多くいらっしゃいます。当店では親と子でファッションの楽しさを共有していただき、親から子へファッションの楽しさを伝えていただきたいと考えています。

>全体の商品構成やおすすめのブランドを教えてください。
当社『クローク』の仙台支店『ジョンズ・グラフィックス』のオリジナル・キッズブランド“モーティフ”を軸に、カラフルでベーシックなアイテムを展開しています。全国的にも人気が高い“エックスガール・ステージス”や“ミルクフェド・キッズライン”など洋服や小物をはじめ、フランス発のトイメーカー“サッシー”など玩具や雑貨も取り揃えています。プレゼントやお使い物としても喜ばれているようです。

>オリジナル・キッズブランド“モーティフ”について聞かせてください。
アルファベットの“モチーフ”が基になっているのですが、“モーティフ”の表記は造語で、自由さと遊び心を表現しています。ブランドとして特にこだわっているのが、発色の良いカラーリングや独創的なグラフィックで、大人の方にも楽しんでお選びいただけるよう気を配っています。

>ショップの特徴やこだわりについて聞かせてください。
隣接したレディースのセレクトショップ『ルーシー』と相反するイメージで、商品はもちろん、内装や什器もカラーリングして、すべてカラフルにしました。 遊び疲れて眠ってしまったお子様の夢の中でも、おもちゃ箱のような賑やかで楽しい雰囲気を楽しんでいただけると嬉しいですね。

>ショップで注目したいポイントなどあれば教えてください。
店内のあちらこちらには動物の小さなフィギュアが隠れています。いくつ見つけられるか、ぜひ親子で探してみてください。子供達に楽しんでいただくための仕掛けを考えるのはすごく楽しいですね。また、隣には公園もあるので、夏にはブランコに乗ったり、外で走り回って遊ぶこともできます。ショッピングと共に、お子様との時間をゆっくり過ごしていただければと思います。

>今後の展開について聞かせてください。
近い目標としてオリジナル・キッズブランド“モーティフ”を全国へ展開していきたいと考えています。地元発信にこだわり、焦らずじっくり地盤固めをしていきたいですね。


photograph Hidekii Akita(TOOTOOTOO studio)
December,2011



RSS Comments No Tweet


Resent Posts|Shop » Fashion »



協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事