北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

Shop 北海道各地の街に息づく魅力あふれるショップを紹介


セレクト『DHOW』(札幌市)【閉店】


住所 北海道札幌市中央区南3条西2丁目 ニコ−ビル-1F
営業時間 11:00〜20:00


世界が認める職人ブランド“KAPITAL”を中心としたセレクトショップ。“KAPITAL”は岡山県倉敷市に工場を構え、全てのスタッフが製造現場での経験を持つ、日本では数少ない生粋の職人ブランド。本物への徹底したこだわりと優れた職人技術から生み出される独自の世界観は、流行に左右されない圧倒的なオリジナリティーを確立している。



photograph Kei Furuse(studio k2)
February,2008






インタビュー(February,2008)
馬場 / 『DHOW』マネージャー


>まずはショップ名の由来について聞かせてください。
アフリカの海を走る船“ダウ船”から名付けました。もともと個人的にアフリカへ興味を持っていたのですが、一冊の本に載っていたダウ船の写真がとても印象的だったんです。“KAPITAL”のカタログでもロケ地として撮影されていたこともあり、ブランド的なイメージにも合っていたので決めました。短くて語呂も良かったし、覚えてもらえやすいのではと思います。

>ショップのコンセプトは?
「船内倉庫」をイメージしています。商品構成としては“KAPITAL”を中心に、他にも軍物生地のリメイクブランド“Key”などを取り揃えています。 

>主力ブランドである“KAPITAL”の魅力について聞かせてください。
メイド・イン・ジャパンの岡山ファクトリーブランドです。ミリタリー、ネイティブ、オールドスクールなど、様々なジャンルから受けた影響を洋服に反映させ、シンプルなものから個性的なものまで多彩に展開しています。魅力的なデザインの中にも個性や遊び心が感じられるのも特徴です。1800年から1900年をモチーフとした、どこか懐かしさの中に潜む独特のデザインは、きっとこのブランドでしか味わうことができないでしょう。生地や素材にこだわった着心地は最高に良く、そのどれもが永く着られるものばかり。日本屈指のデニム縫製工場は20年以上も続く先駆け的存在であり、多くのファンから支持を集めるばかりでなく、その人気からアパレル業界でも注目の的となっています。永遠のスタンダード・ルイスレザーとのコラボレーションも話題となりました。人それぞれにハマる魅力が詰まっており、年齢、性別を問わず、幅広い層から支持されています。

>ショップでのこだわりについて聞かせてください。
極小5坪の店鋪内に、厳選したハンドメイドの温もりを感じさせる商品やアンティークの什器などを取り揃え、独自の世界観やこだわりを味付けとして加えた店づくりをしています。

>今季の傾向やおすすめ商品を教えてください。
今季の傾向としては、パッチワークやステンドグラスをモチーフとした春らしい柄物アイテムなど、“KAPITAL”ならではの展開が待ち受けています。素材やデザインをアレンジした定番ラインの新作もリリースされる予定です。個人的に“KAPITAL”が作るラップパンツは、シルエットがとても個性的でおすすめです。さらに4月から7月にかけて今季の新作が続々と入荷してきますのでお楽しみに。お取り寄せにも対応できますので、スタッフまで気軽にお問い合わせください。

>着こなすためのアドバイスをお願いします。
ありきたりで普通な洋服が飽きた方には、他にはない新たな自分を発見する商品選びをしていただきたいです。様々にあるデザインやシルエットの中で、今までにない自分を気づくことができ、そしてより好きになっていただけるアイテムだと思います。また、自分のアレンジも加えることでさらに面白いコーディネイトができると思います。アイテムによってサイズ感が異なったりするので、興味があるものはぜひ試着してみていただきたいですね。

>では最後に、読者へメッセージをお願いします。
“KAPITAL”の取り扱い店として名が恥じないよう、ブランドイメージを大切にショップを展開していますので、『DHOW』で“KAPITAL”の世界観をぜひ感じとってください。


text Pilot Publishing / photograph Kei Furuse(studio k2)
February,2008



RSS Comments No Tweet


Resent Posts|Shop » Fashion »



協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事

まだデータがありません。