北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

Creative 北海道を拠点に活躍するクリエイターやブランドをクローズアップ

ミュージシャン シュリスペイロフ
  • ミュージシャン シュリスペイロフ

ミュージシャン『シュリスペイロフ』


札幌を拠点に活動する3ピースバンド、シュリスペイロフ。1999年の結成から5年間は「ライブハウスが怖かった」という理由から、リハーサルスタジオで曲作りのみを続けてきたという風変わりな経歴を持つ彼らだが、2005年の初ライブ以降、マイペースながら音源のリリースと全国をまたぐライブを並行して積極的に活動、着実にリスナーを増やし続けている。2011年8月にリリースされた3rdアルバム『0.7』は、前作の『もぐる。』以来、実に2年3ヶ月振りのオリジナルフルアルバムのリリースとなるが、MTVでのローテーションをはじめ、音楽専門誌でも表紙を飾るなど全国から絶大な支持と注目を集めている。また、PVやアーティスト写真で着用してる洋服は、人気セレクトショップ『Maw of Sapporo』にスタイリング協力を得るなど、地元・札幌のカルチャーとの結びつきも強い。
ウェブサイト http://syurispeiloff.jp
ツイッター  宮本 英一(Vo&Gt)@syuris_miyamoto  
    野口 寛喜(Ba&Cho)@syuris_noguchi
    ブチョー(Dr)@syuris_bucho


August,2011





pilot_syurispeiloff__jk
3rdアルバム『0.7』
DQC-752 / ¥2,800(tax in) / 十一records,Bowinman Music Group,Inc.
[収録曲]夢うつつ / 消失点 / 空白に向かっていくよ / まさかさかさま / なんで不安で / 花を這う / すべて / 君の大切なこと / 空知らぬ雨 / 1874 全10曲収録

<PV>リードトラック「夢うつつ」



August,2011


「シュリスペイロフというバンドの名刺がわり。流れで聴くと世界観が一環してあると思います。」(宮本)

pilot_syurispeiloff_02

>3月5日に待望の1stミニアルバム『シュリスペイロフ』をリリースされますが、今作はどのようなコンセプトをもとに作られたのでしょうか?

宮本 コンセプトは特にないんですよ。自分達が入れたい曲を入れたという感じで。結果的に違うタイプの曲が集まったんですけど、流れで聴いていくと世界観が一環してあるので、うまくまとまったと思います。シュリスペイロフというバンドの名刺がわりですね。

>今作の聴きどころを教えてください。
野口 アルバムを通してバラエティに富んでいるので、バラバラになっているぶん、全体を通して聴いて楽しんでもらえるといいですね。
宮本 ヒップホップや四つ打ちだとか、なんでもいきたい気持ちがあるんですよね。自分達はこうだからとはっきり決めてしまいたくなくて、全体としてロックぽい雰囲気だけ残しつつ、なんでもできるスタンスにはしておきたいんですよね。

>制作を進めていく上での苦労も多かったと思います。
宮本 普段の練習やライブで演奏している感じを、いざレコーディングではどうやって演奏すればいいのかがわからなくなってしまって、それを掴むまで苦労しましたね。レコーディング自体は2週間くらいでタイトだったんですけど、やっぱり予定通りには進まなかったです。レコーディング中はいっぱいいっぱいで、メンバー同士で励まし合うくらい追い込まれました…(笑)。

>今作で特に挑戦されたことはありますか?
宮本 今回は歌で自分の引き出しが何個かあったので、時間が無い中でもそこは妥協しないでやりました。
ブチョー 曲によってスネアーやチューニングを変えたり、シンバルの鳴らし方にも気を配ったり、そういった細かい部分にもこだわりました。
宮本 気をつけたのは、その曲の雰囲気を生かすくらいでしたね。今回はこういう風にしようとはじめから決めるんじゃなくて、その場の空気や雰囲気も大事にしながら録りました。

>アレンジにも随所にこだわりが感じられます。
宮本 アレンジもこだわりといえばこだわりかもしれないですね。「おや?」と引っかかってもらえるような、そういうところがないと気が済まないというのはあるかもしれないです。

>苦手意識のあったライブ活動も最近は積極的に行われています。
宮本 楽しいです。練習も今までないくらいしてきたので、自分達の世界観をどういう風に表現していくかが楽しみではありますね。

>初のワンマンライブも大成功だったそうですね。
宮本 ありがたいことに、ワンマンライブはチケットがソールドアウトしてくれたんですよ。実はチケットを売り出した当初は全然売れていなくて、どの時点で調べたのか忘れたんですけど、まだ1枚しか売れていなかったのですごく焦りました。その時は気持ち的にもふわふわしていて、お客さんひとりひとりがチケットを買ってくれて観に来てくれるという実感が全くなかったんです。結局はソールドアウトしてくれて、それまでも感謝の気持ちは忘れていなかったんですけど、以前にも増してがつん!と心から思えて、とにかく嬉しかったですね。

>以前にインタビューをさせていただいた時に、作品をリリースして、ライブをして、ノリにノリたい!と話されていましたが…(笑)?
宮本 ノリにノッてるんじゃないかなと…ノッてます(笑)。
ブチョー 体調もまずまずですし(笑)、ライブの集客も増えてきてくれて、音源もで完成して、いろいろと調子はいいですね。
野口 より気合いが入ってきたというか、意識を上げて頑張ろうという気になりました。
宮本 ワンマンライブが終わってから、明らかにバンドが変わった感じがしますね。気持ちの面でもそうですし、演奏もグルーブがさらに増した気がします。


pilot_syurispeiloff_jk2
1stミニアルバム『シュリスペイロフ』
CLA-60028 / 1,500yen(tax in)


シュリスペイロフ
1999年、結成。メンバーは宮本 英一(Vo&Gt)、野口 寛喜(B)、ブチョー(Dr)。高校時代、一緒にバンドをやっていた宮本と三浦(現ブチョー)が新たにバンドを作るべく、メンバー募集に奔走し、野口が加入。2005年、自主版音源ながら『ダイバー』がCRJ-SAPPOROチャートに9週に渡りチャートイン。同年10月、『タワーレコード札幌PIVOT店』とライブ会場限定で3曲入りシングル『ダイバー』を発売。収録曲「ダイバー」がCRJチャート1位を獲得し、他楽曲もFMを中心にオンエアされる。その後、札幌を中心にしながら東京でも精力的に活動を行う。2008年3月、1stミニアルバム『シュリスペイロフ』をリリース。
ウェブサイト  http://syurispeiloff.jp



text Pilot Publishing / photograph Kei Furuse(studio K2)
May,2008



RSS Comments No Tweet


Resent Posts|Creative



協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事