北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

News 音楽・アート・イベントなどの最新ニュースを発信

『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会 @PROVO


pilot_stoptomori

『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会@『PROVO』
schedule 2011年6月4日(土)・5日(日)
time 開場/開演 12:00~
place 『PROVO』(北海道札幌市中央区南6条東1丁目2 KIビル3F)
system ¥1,000(高校生以下無料) ※席に限りがあるため、1度の上映につき50名まで<メール予約制>
contents 鎌仲ひとみ監督作品『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会/岩内原発問題研究会代表・斉藤武一氏による原発のお話/北海道地球温暖化防止活動推進員・家次敬介氏によるお話
ustream http://www.ustream.tv/channel/provotv
information 『PROVO』(telephone 011-211-4821)


『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会+ゲストトークが、6月4日(土)・5日(日)に『PROVO』で開催!

去る2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)は、 国内観測史上最大のマグニチュード9.0を記録し、津波と火災も加わり壊滅的な被害をもたらした。資本主義の発展に伴う、エネルギー政策や経済活動の早急な見直しが迫られる中、その動向は原子力発電を推進してきた世界各国からも大きな注目を集めている。私たち個々においても、賛否両論様々な情報や意見を得て、正しい認識と危機意識を身につけると共に、再生へ向けた強い決意と覚悟が今、求められている。札幌のカルチャー発信基地『プロボ』では、鎌仲ひとみ監督作品『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会と併せ、岩内原発問題研究会代表・斉藤武一氏と北海道地球温暖化防止活動推進員・家次敬介氏を迎えてのゲストトークを開催。原子力発電の存在意義を改めて問い直し、話し合う貴重な機会となるはずだ。


6月4日(土曜日)
12:00 開場/受付
13:00 『ミツバチの羽音と地球の回転』<上映1回目>
16:00 北海道地球温暖化防止活動推進員/三素・家次敬介氏によるお話<PROVO TV UST配信>
17:30 2回目の上映入場受付開始
18:30 『ミツバチの羽音と地球の回転』<上映2回目>
21:00 3回目の上映入場受付開始
21:30 『ミツバチの羽音と地球の回転』<上映3回目>

6月5日(日曜日)
12:00 開場/受付
13:00 『ミツバチの羽音と地球の回転』<上映1回目>
16:00 岩内原発問題研究会代表・斉藤武一氏によるお話<PROVO TV UST配信>
17:30 2回目の上映入場受付開始
18:30 『ミツバチの羽音と地球の回転』<上映2回目>
21:00 3回目の上映受付開始
21:30 『ミツバチの羽音と地球の回転』<上映3回目>


斉藤 武一
1953年、岩内町生まれ。岩内原発問題研究会代表。泊原発の温排水が海に与える影響を調べるために、岩内港での海水温の測定に30年以上取り組む。海水温と気温の変化を市民論文として発表。 また、原発の問題点やエネルギーの未来を、“紙芝居”を使いわかりやすく語る活動を続けている。著書に『木田金次郎 山ハ空ヘモレアガル』、『海の声を聞く-原子力発電所温排水の観測25年』。元保育士、現在学習塾経営。
website http://blog.livedoor.jp/watanabee1-takechan/


家次 敬介
北海道地球温暖化防止活動推進員/三素。有限会社三素の社名は、“太陽”と“水”と“風”という生命に必要不可欠な3 つの要素に由来しています。太陽や水のエネルギーから電気を生み出し、水や土を汚さずに生活する。そんなことを一般家庭で普通に取り組んでほしいと13年前に始めた会社です。豊かな水と土、そしてエネルギッシュな太陽が街に輝きを与えている北海道富良野市を中心に営業しています。太陽光発電設備や水力発電、コンポストトイレ、ペレットストーブ等、自然エネルギーを生活に利用するための機材を販売している小さな会社ですが、自然エネルギーを通して本気で環境を考えています。
website http://sanso-kiroru.sakura.ne.jp/


Resent Posts|News


協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事

まだデータがありません。