北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

Guide 北海道のカルチャーや自然を体感できる観光ガイド


アクティビティ『PAINT BALL FIELD NISEKO』(虻田郡)


住所 虻田郡倶知安町ニセコ高原ひらふ72-1
営業時間 9:30~17:00
定休日 不定休
電話 0136-23-2111 ※要予約
ウェブサイト http://www.paintball.jp


老若男女誰でも気軽にできるメジャースポーツ”ペイントボール”が北海道へ初上陸!羊蹄山を背景に大自然に囲まれながら、その魅力を思う存分に体感することができる。


ペイントボール
ペイントボールの起源は、1980年頃にアメリカの牧場主が酪農に使用する”ネルスポットガン”を用いて、数種類の飼育牛を目的別に選別するためにマーキングしたことから思いつき、遊びで楽しめるゲームとして誕生。プレイするのに、余分な力や体力はいらず、特別な技術がなくても楽しむことができるのも魅力のひとつ。女性の参加も多く、誰でも参加できるスポーツとして、またたく間に世界中で1600万人もの競技人口にまで爆発的に増加、現在ではワールドカップが毎年開催されるまでに成長している。



田中 義人 / 『NISEKO RESORT SERVICE』代表
「ペイントボールはワールドカップも行われている超メジャースポーツで、今ではスノーボード人口をゆうに超え、”最も急激に人口が増加したスポーツ”としてギネスブックに載っているほどです。ルールはほとんど雪合戦と同じで簡単。ワールドカップスタイルの「フィールドプレイ」と、林間で行う「サバイバルスタイル」を選んで楽しめます。リクエストによっては「全滅戦」「フラッグ線」「撃ちきり戦」など遊び方もいろいろ。気の合う仲間同士や社員旅行、社員研修などにもぴったりです。さらに出張イベントも大歓迎!御連絡お待ちしております。」


山内 公史 / 『ミサンガインターナショナル』代表
「実際にプレイをしてみるとすぐにその楽しさを体感できるし、確実に流行ります(笑)。単なる撃ち合いではなく、きちんとしたルールもあるので、スポーツ的な感覚ですごく入りやすいですね。誰でも楽しめるのに、戦略やチームワークが重要だったりと、思ったよりも奥が深いんですよ。なにより楽しい。またすぐにプレイしたくなるくらいやみつきになりますね。まっ先に撃たれてしまっていたので、実際はあまりプレイできていませんが…(笑)。ニセコの大地でのプレイも爽快です。夏でも冬でも季節を問わず楽しめるので、観光やスノーボードのちょっとした寄り道には最高ですね。札幌にも屋内施設が近々オープンされるとのことなので、ぜひチームを作って今度はワールドカップを目指したいです。」


岩谷 洸太郎/ 『ARCH』スタッフ
「シューティング系のスポーツは初めてだったんですけど、コートへ入った瞬間にアドレナリンが出ました…(笑)。日常の生活では味わえない刺激を得ることができますね。プロテクターやゴーグルを装備しているので、撃たれても全く痛くありませんし、女性でも一緒に楽しめるので、仲間と大人数でわいわいやるときっと楽しいと思います。プレイをしていると性格がすごく表れるんですよ。相手の心理を読みながら動くのは楽しいですね。マサさんは特攻隊長で一番に撃たれていました(笑)。職場では普段見ることのできない、若かりし頃が垣間見れました…。僕は相手の動向を読みすぎて、全く動けませんでしたけど…(笑)。いい汗を流した後のスープカレーも格別でした。」



July,2008



RSS Comments No Tweet



協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事