北海道・札幌を拠点とした出版 / 編集プロダクション

Web Magazine "PILOT"

  • twitter
  • twitter
  • RSS

Guide 北海道のカルチャーや自然を体感できる観光ガイド

円山円山円山円山
  • 円山
  • 円山
  • 円山
  • 円山

山『円山』(札幌市)


住所 北海道札幌市中央区
標高 225m
所要時間 登り40分 / 下り20分(目安)

もともとアイヌ人はこの山を「モイワ」(小さな山)と呼んでいたが、札幌中心部から見た山の形が丸いことから、明治時代に和人によって「円山」と名付けられた。札幌へ北海道の本府を建設するために訪れた島義勇開拓判官は、都市計画を練るため円山に登ったとされている。島開拓判官は、円山に神社を置いて宗教的護りとし、東に市街を設けることを決め、1871年に円山の北の麓へ「札幌神社」(現・北海道神宮)が造られた。1900年代に入ると麓に住宅が増え始め、1960年代に周辺は市街地と化した。現在では札幌で最も人気の高い住宅地として、山は住宅に取り囲まれている。

1914年に「四国八十八箇所」にならって八十八ヶ所の観音像が設けられ、登山口でもある「大師堂」も建てられた。この「円山八十八ヶ所コース」の散策路では途中、88体のお地蔵さんと出会うことができる。1921年に円山原始林として天然記念物に指定され、樹齢100年を超える樹木など現在もなお豊富な自然が残されている。木々には名前が表示されている他、野鳥のエサ台も設置されており、動植物の観察も楽しむことができる。山頂は切り立った断崖になっており、手が届きそうなほど迫力のある眺望は最高。手頃な散策路として散歩を日課として楽しんでいる人も多く、市民の憩いの場として愛され続けている。


photograph Kei Furuse(studio k2)
October,2007





協賛店募集

New Magazine

最新の記事

人気記事

まだデータがありません。